次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴(産経新聞)

 平成13年7月に起きた明石歩道橋事故をめぐり、当時の明石署副署長、榊和(かず)晄(あき)被告(63)が20日、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたことを受け、神戸地検の小寺哲夫次席検事は「指定弁護士が今後も円滑に職務の遂行ができるよう、引き続き可能な範囲で執務室の提供など必要な協力をして参りたい」と淡々と話した。

【関連:明石歩道橋事故】
遺族「なぜこれだけ時間かかったのか」
過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談

<東北新幹線>八戸−新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
「侵害明白な場合のみ賠償責任」=発信者情報開示拒否で初判断−最高裁(時事通信)
春の園遊会 浅田さんら五輪メダリスト出席(毎日新聞)
[PR]
by jazsmeyoay | 2010-04-22 11:25
←menuへ