放火か、世界遺産・ブガンダ王族の墓が焼失(読売新聞)

 【ヨハネスブルク=中西賢司】ロイター通信によると、東アフリカ、ウガンダの首都カンパラで16日夜、世界遺産に登録されているブガンダ王族の墓が、火災でほぼ焼失した。

 原因は不明だが、地元紙は放火の疑いを報じている。

 墓は128年前に造営され、4人の王が埋葬されていた。

 19世紀に隆盛したブガンダ王国は、ウガンダ独立4年後の1966年に廃止されたが、王位は93年に文化的指導者として復活した。その後、王族は政治的地位の回復を求めて政府と対立しており、王族支持者は、王墓焼失に政府が関与したと主張している。

【集う】早乙女貢さん一周忌しのぶ会(2月8日、東京・丸の内の東京会館)(産経新聞)
今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟で和解勧告=全国初、国側は難色−札幌地裁(時事通信)
鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)
トキ、9月の3次放鳥目指す=佐渡で専門家会合−環境省(時事通信)
[PR]
by jazsmeyoay | 2010-03-19 01:17
←menuへ