300〜400法人 近く各省にヒアリング 枝野行刷相(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は2日午前、公益法人などの事業仕分けを4月以降に行うための準備作業として、300−400法人の事業内容について、監督する関係省庁に対するヒアリングを週内にも始める考えを示した。月内に作業を終える方針だ。

 行政刷新会議では「国や独立行政法人からの支出が1000万円以上」など7つの基準に該当する公益法人について、仕分け対象の候補とする考えだ。枝野氏は、国が所管する6625の公益法人(平成29年12月現在)のうち、半数にあたる3852法人がいずれかの基準に該当したことを明らかにした。

 集計結果によると、「国家公務員出身者が常勤役員として在籍」する「天下り法人」が2353法人と最も多く、公益法人全体の約3分の1を占めた。

 地方自治体から補助金や委託費を交付された法人は825。収入の半分以上を国や独立行政法人からの支出に依存する「お抱え法人」も365あった。

【関連記事】
仕分け余波…政府広報「テレビ6番組」全廃、4月からラジオ1枠だけに
そり競技失態、不振で厳しい今後、負のスパイラルに
枝野行政刷新相「6月にも独法改革案」
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
鳩山内閣、もはや人気頼み「蓮舫副大臣」で巻き返し
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
長妻厚労相名で日医に提言求める文書(医療介護CBニュース)
原発推進明記で調整へ=温暖化対策基本法案−政府(時事通信)
妻殺害の男に懲役10年=裁判員「遺体写真ショックだった」−高知(時事通信)
<官製談合>空自で 公取委が改善措置要求へ(毎日新聞)
[PR]
by jazsmeyoay | 2010-03-10 00:00
←menuへ